【短歌】若さ

短歌

若さには美し過ぎて見えないものを求めて止まない指先がある