【短歌】白夜

短歌 白夜

怖さよりやすらぎ感じるような夜道ふたりは今を白夜に生きている

 

午後五時のホテルのロビーに闇はない 誰か何かの目に照らされて

千葉 聡