【短歌】日曜の朝

短歌 日曜の朝

卵割り二つ目玉の偶然を君と分かちたい日曜の朝

 

尊敬する人を持つことは甘えだ。
それよりも、感動を大切にしろ。