【短歌】夏の匂い

短歌

眠れずに迎えた朝を飛び出して誰もいない夏の匂いに浸る