【短歌】花火

短歌 花火

いつでも一緒に何度でもできる事をしないまま消えた夏の花火

金色のちひさき鳥のかたちして銀杏ちるなり夕日の岡に