【短歌】なんらかを

短歌 なんらかを

痛いほど首を横に振るなんらかを忘れたくて信じたくなくて

わたしは傷を持っている
でもその傷のところから
あなたのやさしさがしみてくる
 
星野富弘