【短歌】影

短歌

 

来ないかもしれない人を待っていた小さな影が背伸びをするまで

 

気づくのは何故か女の役目にて愛だけで人(ひと)生きてゆけない