【短歌】雨

短歌 雨

雨が似合う男を我はより強く濡れた姿に美しさ思う

 

最上川逆白波のたつまでにふぶくゆふべとなりにけるかも