【短歌】思い出

 

短歌

思い出は哀しいからこそ美しいままあり続けるのかもしれない