【短歌】すききらい

すききらい問われれば食の感覚ですきと言える二人に戻れり