【短歌】左手

短歌 左手

君に妻いるかどうかも知らぬため左手ばかりが気になっている