【短歌】劣等感

短歌 劣等感

ふたりの時 闇に包まれていたいのは自分の姿の劣等感のせい

 

自転車の後ろに乗ってこの街の右側だけを知っていた夏