【短歌】予感

短歌 予感

受話器から送られてくる沈黙を持て余して別れの予感

 

 

かたはらにおく幻の椅子一つあくがれて待つ夜もなし今は