【短歌】すれ違い

短歌 すれ違い

すれ違いにもどかしさ感じてこの心 誰に支えてもらえばいいの

自分に誠実でないものは、決して他人に誠実であり得ない。