【短歌】サイダー

短歌 サイダー

真夏にはサイダー流し込み潤してゆく喉の痛みも程よい刺激

 

第三次選考で落ちた小説と僕は別れた 燃えるゴミの日

千葉 聡