【ハウスダストアレルギー対策】絨毯部屋をフローリング調クッションフロアへリフォーム

2020-04-07

私の自宅は築30年近い中古マンションだ。

OLをしていた時の貯金で購入した。

当初の床の状態

購入時、カーペットの部屋が一部屋あり、カーペットはダニの温床だからカーペットは取っぱらおうと思っていた。

前の住人はフローリングの上にカーペットを敷いていたのかなと思い、カーペットを剥がそうとしたら引っ付いて剥がれない💦

カーペットの下はコンクリートらしいとの話が不動産会社からあった。

こうなるとリフォームが必要で、また費用がかかるがアレルギー体質なので仕方ない。

フローリングかクッションフロア、またはフロアタイル。

購入前からリフォーム会社数社に見積り依頼

まだ住んでいないので、ひとまず現地確認無しの概算見積りということでお願いした。

安さでフローリング調クッションフロアを選択した。

会社によって5万~21万とかなり差があった。

めんどくさがって、1社しかリフォーム見積りを取らないと大損していた可能性があったわけだ。

一番安い見積りの会社は、リフォーム会社の比較サイトで高評価だったので、その会社にお願いすることにした。

マンション購入後、営業さんが1度現地確認をしに来たのだが、後日その人から連絡が来て、

「カーペットの下って木の下地入ってますよね?」

リフォーム

この前の現地確認で見てないの?

「カーペットが想像より厚くて確認できる道具持ってなかったので、お客様の方で見てください。」

普通、必要そうな道具を予見して持参するものじゃない?

道具が必要なのに、シロウトの私が分かるはずあるまい・・・

リフォーム

結局2回目の現地確認が行われた。

「木の下地が入っていないので、当初の見積にプラス6万円になります。」

リフォーム

プラス6万!?

寝耳に水とはこのことだ。

値段交渉するか、ご破算にして他社の見積りを取り直してみるか、もしくはリフォーム自体を保留にするか・・・

ダニが大量繁殖する梅雨の前にリフォームしたい、増税も控えているから長期延期はしたくない。

そして値段交渉3か月・・・

交渉してみるものだ。

当初の見積りとほぼ変わらない金額にできた!

リフォーム

正直こんなに値下げできるとは思わなかった。

当初の見積はなんだったのかと思わなくもないが。

しつこい交渉に付き合ってくれたのは本当に感謝。

工事当日

開始早々、

「ドッドッドッドッド!!!」

「ギュイーーーーーン!!!」

リフォーム

ドリルやら、電動ノコギリの音が凄まじい・・・

だんだん吐き気がしてきた。

詳細な図面を渡していたが、資材って自分とこの作業場で裁断した上で持ってくるんじゃないんですかねぇ・・・

「板の高さが足りない。」

と言って途中でホームセンターにベニヤ板買いに行くし💧

巾木も交換が必要

カーペットの下に巾木(はばき)が入り込んでいるので巾木も交換となった。

 

巾木まで交換するのはもったいないと思うが、巾木のすそを床材の下に入れることで隙間にごみが入るのを防ぐ。

巾木は元は茶色だったが白に変更して正解だった。

壁紙と同じ色に巾木を合わせると、空間が広がって見えるような気がして。

作業は1日で終了

とにもかくにも1日で終わって良かった。

作業員の一人が頻繁にくしゃみをしていたが

「接着剤のせい」と言っていた。

リフォーム

その接着剤大丈夫かいな・・・

シックハウスになったらシャレにならんぞ。

匂いは気になったが、仕上がりは満足。

施工後

匂いは1日で消えた。

やっぱりクッションフロアは歩きやすい。

掃除もほんと楽🎵

よし!これで拭き掃除ロボのブラーバちゃんを走らせるぞ!

ブラーバ

全国優良リフォーム会社への一括見積もり【リショップナビ】 リショップナビ