プロデュース101シーズン2 ②BOA代表レベル分けテスト開始!

2020-04-04

全員着席し、代表の登場。

代表は日本でも人気だった歌手のBOA。

トレーナー陣も入場し、レベル分けテストが始まります。

練習生のレベルがそれぞれ違うので、レベル別に適切なトレーニングを受けるためパフォーマンスを披露しトレーナー陣がAからFクラスに振り分けます。

パフォーマンスは所属事務所ごとに行います。

なかなか辛辣な評価が続きます・・・

 

BOA代表もなかなか厳しい・・・

 

こちらはカヒ先生💦

カヒ先生は元アイドルなのですが、29歳でデビューしたそうですΣ(゚Д゚)

そんなカヒ先生が突然泣き出します。

かつての所属事務所プレディスの後輩NU’ESTのメンバーが登場したのです。

     

彼らは既にデビューしています。

現役アイドルがなぜこの番組に・・・?

デビューしたものの思うほどの人気が出ず、その後デビューした事務所の後輩SEVENTEENが大人気に。

SEVENTEENがうらやましい、SEVENTEENのようになりたい・・・

リーダーのジョンヒョンくんは「会うたびに羨ましいSEVENTEEN」というラップを作ってしまうほどでした。

プロデュース101

彼らは再起を図るため番組に参加したのです。

現役アイドルが練習生に戻り素人に混じってサバイバルオーディションに臨む、カヒ先生は彼らを不憫に思い泣いていたのでした。

NU’ESTの4名の結果はCクラスとDクラスでした。

 

そしてこちらもデビュー済みの2名。

プロデュース101

不遇のアイドル時代を過ごしたホットショットの練習生が登場。

ホットショットが活動した期間は2014年から2016年という短さ。

そんなホットショットの2人ですが息の合ったパフォーマンスを披露して2人ともAクラス!

なぜ彼らが売れなかったのか、BOA代表も「売れなかったのが理解できないわ」と不思議そう。

このつづきはまた次回に。

 

U-NEXTでは、人気作品から最新ドラマ、K-popアイドル番組、バラエティ番組など
韓流コンテンツを多数配信中!