【角膜矯正】視力矯正のオルソケラトロジーを3年半やった結果・・・

2020-04-08

オルソケラトロジーとは、就寝中に特殊なコンタクトレンズを装着して角膜を矯正し、起床後コンタクトレンズを外すと視力が回復しているというものです。

その昔、中国では砂袋を目の上に置き就寝し視力を回復させていたそうです。

私がオルソケラトロジーを始めたのは2010年。

3年半でオルソケラトロジーレンズが寿命を迎えたのを機に止めました。

オルソケラトロジーをしようと思った動機

私は視力が悪くても裸眼で仕事をしていました。

家では眼鏡、休みの日はコンタクトという生活でした。

ただ、さすがに視力が0.1位になると仕事上いろいろと支障が出てきたため、視力矯正を考えました。

メガネ➡レンズが汚れる、ずれる、邪魔くさい
ソフトコンタクト➡感染症リスクが眼鏡やハードコンタクトと比べて高い
ハードコンタクト➡異物感がありつけていられない
レーシック等の手術➡怖くてできない

オルソケラトロジーはハードレンズですが就寝中に装着のため、目を閉じれば異物感はかなり減り、寝てしまえば装着している時間は体感的にあっと言う間に過ぎます。

オルソケラトロジーはソフトコンタクトとハードコンタクトのデメリットを中和したような位置づけだと思いました。

オルソケラトロジーのメリット

日中裸眼で過ごせる。

オルソケラトロジーは可逆的で角膜を矯正しても時間が経過すれば角膜は元に戻る。(それがデメリットとも言えますが)

コンタクトや眼鏡無しでクリアに見える世界は感動もの。

オルソケラトロジーのデメリット

毎日オルソケラトロジーのレンズを装用する必要がある。(レンズを外すと、だんだん元の視力に戻っていき、私の場合はその日の夜には元の視力に戻っていました。)

視力があまり出ない時は眼鏡やコンタクトを使用する必要がある。(過矯正を避けるため私は弱い度数の眼鏡やコンタクトを用意しました。)

3か月おきに目の検査が必要。

寝起きにコンタクトのケアが必要。(当時は眼科の勧めでバイオクレンファーストケアEXを使っていました。なぜかソフトレンズ用でした・・・その後、その眼科ではバイクレンファーストケアEXでないものを勧めているようです。)

オルソケラトロジーの事前検査

オルソケラトロジーを受ける前には検査が必要です。

コンタクトを購入する際の検査とほぼ同じですが、角膜内皮細胞の数を測定する検査がありました。

オルソケラトロジーに限らず、コンタクトレンズを装用していると、角膜が酸欠を起こし角膜内皮細胞が少しずつ減少していきます。

しかも角膜内皮細胞は再生しません。

長年コンタクトを使用していると角膜内皮細胞の減少により「もうコンタクトできません。」と医者に宣告される日がいつか来るかもしれません。

コンタクトの使用禁止だけで済めば良いですが・・・

オルソケラトロジーのレンズは高酸素透過レンズであるため就寝中の装用が可能となっています。

事前検査での私の視力は両目とも0.08でした。

オルソケラトロジーレンズ装着

眼科でオルソケラトロジーのレンズをつけてみると、

なにこれ!!曇って何も見えない!!真っ白!!

オルソケラトロジー

白くて全然見えないんですけど・・・

レンズを外すと、眼科スタッフがレンズを洗い始めました。

今思えば新品のレンズがそんなに汚れているはずはなく、誰かが返品したレンズを私に使いまわしたのかなと・・・

オルソケラトロジー

キャンペーンでとか言ってやけに安かったんですよ・・・

オルソケラトロジーのレンズは度の弱いものを

私は眼科に行く前にネットでオルソケラトロジーについて調べて行ったのですが、オルソケラトロジーは度の弱いものが処方されると書いてありました。

テスト装着時レンズの度数を伝えられませんでしたが、会計時に眼科スタッフからレンズの度数を確認すると、私が持っている眼鏡やコンタクトより遥かに度数の高いものでした。

オルソケラトロジー

こんな高い度数のコンタクトじゃ過矯正になるじゃないか・・・

過矯正で元々の自分の視力が下がってしまったら最悪じゃないですか。

眼科スタッフと押し問答になりました。

でも眼科スタッフは全く譲らなかったですね。超強気。

推測ですが、誰かから返品されたオルソケラトロジーのレンズがその度数だったんじゃないでしょうか。

激安で提供しているんだからこのレンズで我慢しろよってことですよ。たぶん。

私もオルソケラトロジーレンズの相場価格を知っているだけに、激安価格に引き下がってしまいました。

度が強いので、レンズを付けたらあまり物を見ないようにしてすぐ寝ることを心がけました。

オルソケラトロジーの視力結果

視力表を壁に貼って視力を測っていたので、その時の記録を一部公開します。

「両眼」は両眼で見た時の視力です。

「0」は0.1のランドルト環も見えなかったことを意味します。

測っていない日は空欄です。

3月 両眼
1 0.1 0.6 0.7
2      
3 0.5 0.1 0..7
4 0.4 0.6 0.8
5      
6 0.4 0.3 0.5
7 0.4 0.3 0.5
8 0.2 0.3 0.3
9 0.2 0..3 0.4
10 0.4 0.5 0..7
11 0.4 0.2 0.6
12      
13 0.1 0.5 0.5
14 0.1 0.4 0.5
15 0.4 0.4 0.5
16      
17      
18 0.7 0.8 1
19 0.7 0.6 1
20 0.7 0.7 1
21 0.6 0.4 0.7
22 0.7 0.8 0.9
23      
24 0.3 0.2 0.5
25 0.2 0.4 0.5
26 0.2 0.5 0.8
27      
28 0.3 0.1 0.3
29 0.2 0.4 0.4
30 0.5 0.4 0.7
31 0.5 0.4 0.7
平均 0.3 0.4 0.6
4月 両眼
1 0.7 0.8 1
2      
3 0.3 0.5 0.5
4 0.5 1 1
5 0.5 0.8 1
6 0.3 0.5 0.8
7 0.3 0.7 0.7
8 0.4 0.4 0.7
9 0.3 0.3 0.4
10      
11 0.3 0.4 0.5
12 0.2 0.6 0.6
13      
14 0.2 0.7 0.7
15 0.3 0.4 0.6
16 0.2 0.3 0.3
17 0.6 0.3 0.6
18 0.7 0.3 0.8
19 0..3 0.2 0.3
20 0.4 0.2 0.4
21 0.4 0.2 0.6
22 0.4 0.4 0.7
23      
24 0.3 0.5 0.5
25 0.7 0.3 0.7
26 0.7 0.6 1
27      
28 0.3 0.3 0.3
29 0.2 0.2 0.4
30 0.2 0.2 0.2
31      
平均 0.3 0.4 0.6
5月 両眼
1 0.5 0.4 0.7
2 0.5 0.6 0.6
3 0.1 0.2 0.2
4 0.3 0.5 0.5
5 0.5 0.6 0.7
6 0.5 0.5 0.6
7 0.3 0.6 0.8
8 0.4 0.5 0.7
9 0.3 0.6 0.6
10 0.5 0.6 0.7
11 0.4 0.7 0.7
12 0.6 0.5 0.6
13 0.3 0.5 0.8
14 0.2 0.5 0.5
15 0.8 0.5 1
16 0.3 0.5 0.6
17 0.7 0.6 1
18      
19 0.3 0.8 0.9
20 0.5 0.5 0.7
21 0.7 0.3 1
22 0.7 0.6 0.8
23 0.5 0.5 0.8
24 0.7 0.8 1
25 0.3 0.6 0.7
26 0.7 0.6 1
27 0.4 0.8 1
28 0.6 0.8 1
29 0.4 0.5 0.6
30 0.8 0.5 1
31 0.7 0.5 1
平均 0.4 0.5 0.7
6月 両眼
1 0.8 0.3 1
2 0.3 0.4 0.7
3 0.7 0.6 1
4 0.7 0.8 1
5 0.6 0.6 0.8
6 0.7 0.6 0.8
7 0.7 0.6 1
8 0.4 0.5 0.7
9 0.4 0.5 0.8
10 0.6 0.6 1
11      
12 0.6 0.2 0.7
13 0.3 0.5 0.7
14 0.4 0.4 0.6
15 0.6 0.8 1
16 0.5 0.5 0.8
17 0.7 0.9 1
18 0.8 0.6 1
19 0.7 0.3 0.8
20 0.3 0.5 0.7
21 0.1 0.8 0.8
22 0.4 0.8 0.8
23 0.3 0.6 0.7
24 0.3 0.4 0.7
25 0.8 0.7 1
26      
27 0.7 0.4 0.9
28 0.7 0.8 0.9
29 0.7 0.3 0.7
30 0.7 0 0.8
31      
平均 0.5 0.5 0.8

4か月分掲載しましたが、3年半こんな感じでした。

片眼で1.0など出ることは滅多になく、視力の出方がかなり不安定だったことが分かります。

しかし、両目で見た時に1・0近くの視力が出ていることが多かったので必要十分でした。

オルソケラトロジーのレンズの寿命

オルソケラトロジーを3年半程使用すると、レンズの曇りが気になってきました。

眼科に相談すると寿命と言われ、オルソケラトロジーの使用はその日で終わりにしました。

オルソケラトロジーをして3年半後の角膜内皮細胞

3年半オルソケラトロジーのレンズを装用しても角膜内皮細胞の数はあまり減少しなかったようです。

最後の検査でも、数量的に問題なく若々しいと言われました。

さいごに

オルソケラトロジーをしていた3年半で眉間にしわが出来てしまいました。

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーのレンズは目を閉じれば異物感は減少しますが、レム睡眠時、目は高速眼球運動をするので、レンズの異物感でしわが寄って出来てしまったのかもしれません。

現在はワンデータイプのシリコーンレンズ ワンデーアキュビュートゥルーアイ を楽天で安く購入しています。

シリコーンレンズは目にたっぷりの酸素を届けてくれるレンズです。

オルソケラトロジーを止めて私が現在使用しているレンズはこちらです。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。