艶有りリメイクシートでシンク扉を鏡面仕上げに✨

2020-05-18

昭和な雰囲気漂う我が家のキッチン。

黄ばんだ扉を見るたび陰気臭い気持ちになります。

シンク自体を交換すると数十万かかり、大がかりな工事が必要になります。

水漏れも起きてないのに古臭いという理由でシンク本体を交換するのはもったいない。

そこで扉にリメイクシートを貼ろうと思いました。

シートは「艶有りの白」と「木目」で悩みましたが白の方が悩みが少なそうなので白のシートにしました。

 

木目だと柄や色味の選択が難しそうだし、柄合わせしないと変になるかもしれないという懸念がありました。

艶有りの白を貼ったら鏡面みたいにならないかなーと思いまして。

【使った道具】
カッター
白いビニールテープ
ドライヤー
定規
ドライバー
タオル

シートを貼る前にドライバーで取っ手を全て外します。

リメイクシートを扉より大きめにカットし、余った部分をカッターでカットするというやり方にしました。(採寸が面倒なので💧)

まず、シート上部の数センチだけはがして扉に貼ります。

そして下に向かって少しずつはがし、タオルを左右に動かして貼っていきます。

ただの真っ平な扉ならよかったのですが、やっかいな事に我が家のシンク扉には「掘り込み取っ手」と呼ばれる取っ手が付いており、それを外すと長方形に凹みがあります。

キッチンシンクリメイクシート
取っ手を取ったところ。3.5×8.5×0.6㎝、ビスピッチ7.5㎝。

しかも扉には茶色いラインが入っていて、透けて見えるし微妙に段差になっています。

茶色のラインが透けて見えるのがどうしても嫌で、段差覚悟で100均で購入した白いビニールテープを貼ってからシートを貼りました。

凹凸の部分は空気が入りやすく、ドライヤーで温めるとくっ付き易くなるので空気が入った部分は熱を当てて接着しました。

テスコムのドライヤーはコードが長いので助かりました。

はがせるタイプのリメイクシートを買ったので貼り直しできましたが、強くはがすとシートが伸びて歪むので注意が必要です。

歪んだシートにドライヤーを当てたら一瞬でシワになってしまいました💦

はがせるリメイクシート鏡面

扉側面にも貼らないと黄ばみが見えてしまうので側面まで折り込みました。

下の扉だけで4時間半かかりました(^_^;)

本当は扉を外して作業したかったのですが、手持ちのドライバーでは合わなかったので外せませんでした。

段差や端の方は「シート貼った感」が出てしまいましたが、平面部分は素晴らしく美しい。鏡面の仕上がり✨

暗いキッチンがパッと明るくなりました。

側面までやったおかげで違和感を覚えるくらい真っ白です(~_~;)

側面に折り込むと角がとがってしまい、角に触れると少し痛いです。

貼ってない所と貼った所の色の差がこちらです。

キッチンシンクリメイクシート

幸いなことに天吊り棚の扉は掘り込み取っ手ではないので凹みは無いのですが、高所作業で疲れました💧

上の扉は側面までやる気力が無かったので表面だけやりました。

はがせるリメイクシート鏡面

そのため端に黄ばみが見えますが、こちらの方が自然で好みでした。

こういうのは実際に貼ってみないと分かりません。

元々の取っ手は、こげ茶色で白の鏡面扉と合わないので、取っ手をシルバーの取っ手に替えようと思います。

上の棚の取っ手はこちら。 

下の棚は、サイズが合う掘り込み取っ手が全然無い・・・

形状は何でも良いので、とにかくこの凹み部分に適合するシルバーの取っ手を探しました。

楽天やアマゾンなど検索しまくりましたが、合いそうなのはこちらの取っ手くらいでした。

 

上の棚につまみを取り付けてみました。

鏡面リメイクシート

 

 

 

 

下の扉にも取っ手を取り付けてみたのですが、掘り込みの凹みが無ければ長さピッタリだったのですが、凹みがあるためその分長さ余りになってしまいました💧

鏡面リメイクシート

裏からビス止めするタイプなのですが、ちょうど家に短いビスがあったのでそれで止めました。

鏡面リメイクシート

シルバーの取っ手に替えたら真っ白な扉にマッチして違和感がなくなりました!