Google Search Consoleからの警告と対処

2020-03-26

ブログをやっている方は、Google Search Consoleをチェックしている方も多いと思います。
お客様のサイトのページの一部で有害なコンテンツが検出されました。早急にこのコンテンツを削除することをおすすめします。コンテンツが削除されるまで、Google Chrome などの各ブラウザで、サイトの訪問者やサイトから特定のファイルをダウンロードしようとしたユーザーに対し警告が表示されます。あらかじめご了承ください。
 
※Google Search Consoleより引用
 
本日突如として、このようなメッセージが・・・
Google Console
 
検出された問題 「一般的ではないダウンロード」
URLの例 「該当無し」
 
と書いてある。
 
 
どのページの何が原因かさっぱり分からない。
 
URL「該当無し」ってどういうこと?
 
 
メッセージの下に「審査をリクエスト」というボタンがあるが、この件についてどう対処したかを書かないと審査にかけてくれない仕様になっている。
 
 
具体的に「どれがどうで有害だ」っていうのを明示してくれないと、ITに疎い私には対処法が分からん・・・
 
 

ひとまずMicrosoft Safety Scannerでスキャンすることにしました。

 
Microsoft Safety Scanner は、Windows コンピューターからマルウェアを検出して削除するために設計されたスキャン ツールです。 ダウンロードしてスキャンを実行するだけで、マルウェアを検出できます。特定された脅威によって発生した変更を、元に戻すよう試みることもできます。
 
 
結果は・・・
Google Search Console
 
悪い物は一個も検出されませんでした。
 
 

「Microsoft Safety Scannerでスキャンし、ウィルス、スパイウェア、その他の望ましくない可能性のあるソフトウェアは検出されませんでした。」と書いて、審査をリクエストしました。

 

するとその日のうちにGoogle Search Console Teamより返事がありました。

セキュリティ審査のリクエストを受領し、処理いたしました。Google のシステムで、有害なサイトやダウンロードへのリンクが含まれていないことを確認できましたのでお知らせいたします。サイトのユーザーに対して表示されていた警告は削除させていただきます。なお、この手続きには数時間かかることがありますのでご了承ください。

Googleのシステムで確認できるなら、最初からそのシステムで確認してくれれば良いのでは・・・?

感染してなくて本当に良かったけど、心配も作業も徒労に終わった感じです💧

Google Console

 

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』