【東京婚活居酒屋四万十(しまんと)潜入レポート】ネパール人店長が取り仕切る、中高年婚活男性ご用達の店。

2020-03-13


婚活居酒屋四万十。

「婚活」と宣言するのは、はばかられるものだ。

しかし、この店には占いという大義名分がある。

本当は婚活が目的なのに占い目的と偽装できるのだ。

「占い目的」と言ってしまえば恥ずかしさは無い。

居酒屋で酒を飲みながらの婚活というのはガラの悪い酒好きのヤカラがいそうだから、いきなり婚活するのはリスキー。

初回は占いだけして、様子をうかがうことにした。

金曜日の夕方、四万十に電話をしてみた。

占いがしたいんですけど
 
占いは月曜日から木曜が良いですよ。

流暢だが、外国人特有の訛りがあった。

今日が良いんですけど。
 
占いあんまりできなくても良いんですか?

高圧的な感じ。

そうなんですか、えっと・・・
 
あっ、いらっしゃいませー

ガチャ。

は?

四万十

なんだよ。切られちったよ・・・

失礼な店員だなー。

その日は行くのをやめた。

翌週、飛び込みで店に行った。

 
いらっしゃいませー

先日の外国人店員がとびきりの笑顔で迎えてくれた。

店にはスーツ姿の男性1人とカジュアルな格好の男性2人組が横並びに並んで親しげに話していた。

たった3人!?

四万十

女性1人もいないじゃん!

店員に占い目的か婚活目的かを確認されることもなく、否応無しに男性の前に座らされた。

カジュアルな2人組は1時間半前から、スーツの男性は1時間前から飲んでいるという。

私はソフトドリンクを頼んだ。

テーブルに、焼きそば、コロッケ、からあげ、カツオのたたき、サラダが運ばれてきた。

 
3000円になります。

食事が運ばれた時点で支払いとなる。

スーツの男性は40代後半の営業マン。

カジュアルな2人組は20代後半に見えたが、40過ぎだと言うので驚いた。

四万十

なんと3人ともバツイチだった💦

原因ってなんなんですか?

別に興味は無かったが、なんとなく掘り下げてみた。

メディア系
いろいろありますよね。
バツイチ営業マン
そうですね。

かなりウヤムヤな感じだ。

まぁ、どうでもいいが。

そんな話をしているうちに2人組の方は時間切れになって店を出た。

2人組が帰った後、怒涛の「連絡先教えて」攻撃が始まった。

連絡先を教えたら、めんどくさそうなオジサンだ。

四万十

初対面の人には教えないようにしているので、次会った時に教えますよー

 

バツイチ営業マン
いや、今教えて!
じゃあ、連絡先教えてくれたらこっちから連絡します。

そんな攻防を繰り広げていると、例の店員が来て、

 
そろそろ時間ですけど、延長しますか?

延長!?

婚活 

延長度なんてあんのかよ!!

延長されたらきついわ・・・

連絡先を教えない態度があまりに強硬だったので、スーツの男性は延長せず帰って行った。

他の男性客を待ちながら、しばらく外国人店員と話をした。

店長さんなんですか?
 
店長
私、店長です。前は占いができるお母さんがいたんですけど病気で。

今は日替わりで占い師を手配しているそうだ。

店長セレクトでお見合いや合コンをセッティングすることもあるらしい。

良い男性が来たら連絡するというので、店長に連絡先を教えた。

夜9時頃、店の外で酔っ払い数人が騒いでいる声が聞こえた。

酔っ払いの相手もしなきゃなんないの!?

店長が対応に出た。

 
女性が少なくて・・・

酔っ払いは引き返し、相手をせずに済んだ。

結局そのあと客は現れなかった。

お酒好きの異性と出会いたいなら【お酒婚】

サクラ・ヤラセ一切なしで日本最大級の会員数を誇る本物の出会い!ハッピーメール(18禁)